元湯 雄山閣

「菅江真澄」特設ページ

菅江真澄とは?

男鹿を愛した紀行家・菅江真澄

江戸時代後期の紀行家で、日本の民俗学の祖といわれています。生まれは三河(愛知県)。

国学や本草学を学んだ後、 1783年(天明3年)30歳の時に長野に向けて旅立ちました。その後、新潟、山形、秋田、青森、岩手、宮城、北海道を巡り、1803年(亨和元年)48歳の時に、再び秋田に入り、その後28年間を秋田で過ごしました。

特に男鹿半島には3度訪れ「男鹿の秋風・男鹿の春風・男鹿の涼風・男鹿の島風・男鹿の寒風」という男鹿五風と呼ばれる男鹿の人々の生活を絵と文で克明に記録した日記、図絵集を残しました。

日本民俗学の祖「菅江真澄」が歩いた道をあなたも辿ってみませんか?

当館館主の山本が菅江真澄に縁のある土地・観光スポットをご案内いたします。

菅江真澄の足跡を、男鹿の活性化と秋田県の観光振興に繋げる日本で唯一の宿!
当館館主の山本が菅江真澄に縁のある土地・観光スポットをご案内いたします。

武内弥五郎伝説・秦の始皇帝の使途「徐福」伝説・水にまつわるコース・木にまつわるコースなどお客様の興味に合わせて、様々な設定が可能です。

男鹿の歴史・文化のご案内なら、お任せください。自然景勝のみならず、伝説と歴史に彩られた男鹿半島の魅力を同行ご案内・講座どちらでも対応できます。
お気軽にお問い合わせください。


日帰りコース

5,400円~(昼食・入浴料含、諸税込)

集合場所→滝の頭→万体仏→真山神社→「雄山閣」(昼食、入浴、座学)→根上りの夫婦松→集合場所

宿泊コース

15,270円~(1泊2食付、諸税込)

1日目/ 集合場所→滝の頭→万体仏→真山神社→「雄山閣」(宿泊)
2日目/ 「雄山閣」大瀑根上り夫婦松→集合場所

*お申し込みは10名様以上でお願い致します。
*集合場所までお迎えにあがりますが、集合場所によって集合時間が異なります。

菅江真澄図絵集

菅江真澄図絵集

当館内に菅江真澄に関する図絵や資料を収集・展示している特設コーナーがございます。
歴史薫る菅江真澄の宿として、当館にお越しの際はぜひご覧ください。


菅江真澄に関連するHP

  1. 菅江真澄とめぐる男鹿の旅
  2. 菅江真澄の足跡と秋田・再発見
このページの一番上へもどる