元湯 雄山閣

大潟村の道の駅

「てんのう」の道の駅に引き続きまして、ご紹介しますのは「大潟村」の道の駅です。

23053101.jpg

大潟村の真ん中をまっすぐ能代方面に向かう道路の途中に道の駅があります。
大きな看板があるのでわかりやすいです。

23053102.jpg

入口付近は野菜の苗や花の苗がたくさん。
さすが大潟村!と言った感じです。
旅行中だとさすがに苗は買わないかもしれませんが、これはいかがですか?

23053103.jpg

買っちゃいますね~買っちゃいますね~
シフォンケーキでございます~
地元では超有名なシフォンケーキ。
お昼ころには売り切れてしまうことも!
こんなにたくさん並んでいるのは私も初めて見ました。
もちろんお買い上げです(^^)

23053104.jpg

新し物好きなあなたにおすすめなのがこれ!

「アイスプラント」という野菜で、南アフリカ原産の野菜。
しっかりとした葉っぱにはしずくのようなプチプチがついていて、そのままでもほんのりと塩味がします。

ミネラル分が多いヘルシー野菜。
サラダなんかにチラリと入っていると、いつもとちがってオシャレな感じですよね~
お手ごろ価格も魅力です!


2011年05月31日|コメント : 2

道の駅「てんのう」

男鹿温泉から秋田市方面に車で40分ほどの距離に、道の駅「てんのう」があります。

23050701.jpg

たか~いタワーが目印。

この道の駅が最近リニューアルしました。

23050702.jpg

こんな感じで地元の食材でつくったスイーツや、山菜、おみやげ物などが販売されていましたよ。

そこでこんなものを発見!!!

23050704.jpg

知る人ぞ知る宮崎県都城市でおなじみの品々!!!

そうです。

私は宮崎県都城市出身なもんですから、大興奮でございます!

地鶏の炭火焼。これは絶品ですよ!秋田には比内地鶏がありますが、わたしは断然宮崎派です。
皮目の歯ごたえがたまらない!宮崎に帰ったときには必ずお土産に買ってきます。

かるかん。ちなみにこれは私の高校の同級生のお店のものでした~^^

スコール。CM曲を口ずさみたくなる一品。「あ~いの~スコ~~ル~♪」

チキン南蛮のタレ。タニヤマの商品。タニヤマ?どこかで聞いたような名だね~(わかるひとにだけわかる感じですいません・・・)

どれもこれも都城では超お馴染みのものばかり!

でも、なんで秋田に都城の品がこんなにあるの?

その疑問はすぐに解決しました。

23051703.jpg

なるほど。

都城市はこの道の駅てんのうがある潟上市出身の石川さんに農業指導を受けたというわけですね。

それでこんな産地間交流が行われているのか~

ということは、都城市にも潟上市のお馴染みの品がどこかにならんでいるのでしょう。

まさか、こんなところでふるさととの関わりを発見することになろうとは・・・

これからちょくちょく寄ってお買い上げすること間違いなし!です

みなさまも都城の味、試してみませんか?


2011年05月17日|コメント : 2

男鹿!楽しいお知らせが2つ

めでたいお話。

男鹿水族館GAOのしろくま豪太が、花嫁くるみちゃんを迎え、このたび14日に一般お披露目が始まります!

23051301.jpg

めっきり観光客の減ってしまった男鹿半島ですが、これは明るい話題。

2人の幸せをおすそ分けしてもらいにおでかけしようではありませんか!

そして・・・

こちらもまさにめでたい鯛のお話。

23051302.jpg

男鹿の鯛まつりが15日から開催です!

家庭ではなかなか鯛づくしのお料理なんて作れないですよね~

ここはひとつ、温泉に入りながら鯛づくしのお料理といきませんか?

ご予約お待ちしてます!

2011年05月13日|コメント : 2

菅江真澄モニターツアー

ひっそり静かなゴールデンウイークになるかと心配していましたが、「自粛ムードではだめになる!」という動きからだと思います。間際になってドッとお客様が増えました。例年並みとはいきませんが、それでも忙しいゴールデンウイークになってくれたことはうれしいことでした。一時はテレビ等で報道されているように、キャンセルの嵐・・・。男鹿も例外ではありませんでした。ちょっとホッとしたものの、これから先が実は実は問題なのです・・・。どうなるんだろう・・・。

暗くなっても仕方がないので、今日はうちでやりましたちょっと変わったこんな催しをご紹介しましょう!

観光連盟さんの企画で菅江真澄のモニターツアー「真澄ウォーク」が開催されました。

雄山閣では「真澄ランチ」と題して昼食を・・・

23050701.JPG

こんな感じです。

中身は・・・

23050702.JPG

えじょろ飯   
これは「えじょろ」という山菜を炊き込んだご飯で、菅江真澄が食したとされるものを再現したもの。昔、あわやひえを客人に出すのも精一杯の時代の食べ物ですから、「うまい!」というものでは正直ありませんが、古に思いを馳せながら食せば、味も深まるといったところでしょうか・・・

23050703.JPG

徐福タンポ  
 これは菅江真澄とは直接関係はないですが、真澄の書から徐福の名が登場することから、特別出演。では、これを徐福が食べたのかと言われれば、それはズバリ!食べてません。じゃあこれは何なんだと聞かれれば、キーワードは「健康食」。徐福は薬草を求めて男鹿に入ったとされています。古代米を使ったタンポで、健康と長寿を手に入れましょう!といううちの社長の得意の独創的な発想でございます。

23050704.JPG

ねりけ
これはそば粉を練ったもの。昔、男鹿ではこれにしょっつるをつけて食べていたそうです。これも真澄には関係ないと思われますが、昔なつかし食シリーズということで特別参加。

恵まれた食生活をしている現代人の舌にはお世辞にも美味しいとはいえないものもあったかもしれませんが、おもしろい体験ができたのではないでしょうか。

そして・・・

23050706.JPG

真澄について語りだすと止まらない当館社長。
ほとんど趣味が仕事のような生活ができるなんて、シアワセな人です。
観光連盟さんに感謝。

「ハタハタサンバ」も披露されました。
動画で公開!と思いまして録画しましたが、アップできませんでした・・・
よろぴくさん、ごめんなさい・・・
またなにかのイベントでもあれば登場するでしょう。
12月6日のハタハタの日には間違いなく男鹿温泉交流会館五風で見れるはず!


          
          

2011年05月07日|コメント : 0

このページの一番上へもどる

最近のコメント