元湯 雄山閣

畑日記・大根を収穫しました

秋田も梅雨入りし、ちょっとした時間をみて畑仕事に行こうかと企んでいると雨・・・。久々に晴れる日があっても、本業が忙しく出られない・・・。そうこうしていると雑草がムクムクと育っていくのでした。きっと近所でも評判の荒れ放題畑。あんまり見ないでやってください・・・。それでもどうしたものか、なかなかの作物が出来上がるのは「土」そのものがとても良いらしいのです。「い~黒土だものな~」と畑を作っているおばさま方も絶賛!そんな土壌に甘えながら作った大根がいよいよ収穫の時期を迎えました。去年の出来は最高!今年はどうだ~と期待に胸ふくらませながら、うんとこしょ!・・・あれれ・・小さい・・・ありゃりゃ~・・・。育ちが悪かった理由にちょっと心当たりがありました。種をまく4月上旬は、まだまだ朝晩冷え込みます。その為、おばちゃん達が呼ぶところの「パオパオ」というフワフワの布のようなもので土を覆ってあげると保温効果があって、大根の出来が大きく違います。去年、その実力を実感したところでした。それなのに、今年うっかりパオパオをかけ忘れてしまいまして、それに加えて、土のやわらかくなっていないところに種をまいてしまったのも原因のような気がしました。う~ん、やはり農作業は奥が深い!もう一度リベンジします!それでも新鮮かわいい大根ちゃん!味は負けません!
031.JPG

2009年06月15日|コメント : 0

このページの一番上へもどる

最近のコメント